トップページ > 岩井戸通信

ふるさと岩井戸に伝わる猿鬼伝説。

能登の古くから伝わる話の中でも有名なのがこの「猿鬼伝説」です。

村人を困らせる猿鬼の悪行三昧

イメージ むかし、むかしの話しじゃ。
柳田村の当目に岩井戸ちゅう大きな岩穴があってな、そこに猿鬼と呼ばれるそれは恐ろしい化け物が、十八もの鬼どもを引き連れて住みついておったそうな。
その化け物は大きな体をしているわりに猿のようにすばしこいので、猿鬼と呼ばれたのじゃ。猿鬼どもは毎晩暗くなると里へ出ては牛や馬などをとって食い、作物を荒らし、また、岩穴の前には天にも届かんばかりの大木があってな、この枝を組んで櫓を造り、女子供をさらって来ては東の空が白々と明けてくるまで酒盛りをしておったのじゃ。これには村人たちもほとほと困り果ててな、猿鬼どもの目を忍んでひっそりと暮らしておったそうな。
そのうち、このうわさはとうとう神様の耳にも入ってな、縁結びの御用に日本中の神様が年に一度出雲大社に集まられるのじゃが、その折に猿鬼退治の相談がされたそうな。そして結局、能登のことは能登の神様が解決するべきじゃという話に決まったそうじゃ。そこで、能登一の宮の気多大明神と輪島市三井の大幡神社の女神で神杉姫という神様が、猿鬼退治の軍を興して当目へ向かわれることになったそうな。

神様方の猿鬼退治が始まるが…

イメージ 当目に着かれた神様方は、先ず極楽寺に集まられて策を練り、いよいよ軍を整えて猿鬼退治に出かけられることになったのじゃ。
さて、神様方が岩井戸の岩穴を遠巻きにして夜になるのを待ってかがり火を焚くと、猿鬼どもはこれを怪しんで、岩穴からのっそりと出て来たんじゃと。そこで、神様方はここぞとばかりに、一斉に無数の矢を猿鬼どもめがけて放たれたそうじゃ。
ところが、すばしこい猿鬼どもはこの矢をかわし、しまいには素早く手に足に、そして口にとつかみ取っては投げ返し、あざけり笑いながら岩穴に引き返してしまったのじゃ。これでは勝負にならぬと神様方は先ず引き揚げられ、策を練り直して出直すことにされたそうな。それから神様方は、何度も猿鬼退治の相談をされたのじゃが名案が浮かばず、思案に明け暮れておられたそうな。

波の音が届けた名案

イメージ そんなある日、神杉姫が輪島の稲舟の浜へ寄られ、波の音に耳を澄ましておられると、不思議にも波の音が「白布干反に御身を隠して筒の矢に射させ給えよ神杉の姫」と聞こえたそうな。そして、このことを神様方に伝えられると、これぞ名案と意見がまとまり、さっそく筒の矢を村人に作らせ、再び猿鬼退治に出かけられることになったのじゃ。
さて、神様方が白布に身を隠し、岩井戸の岩穴を取り囲んで夜になるのを待っておられると、そうとは知らぬ猿鬼どもは岩穴の前にある大木の櫓に上り、酒盛りを始めたそうな。気多大明神はこれ幸いと、一斉に二重になった筒の矢を射させたのじゃ。
しかし、すばしこい猿鬼どもは身をかわしてなかなか矢が当たらぬ。今度も失敗かと思われたその時じゃった。身をかわすのがわずらわしくなった猿鬼が、気多大明神の放たれた矢を手づかみにしたのじゃ。ところが、つかんだのは外筒だけで、筒の中の毒をたっぷり塗った中矢がねらいどおり左目に突き刺さったのじゃ。
目に毒矢の当たった猿鬼は「いたい、いたい」と泣き叫びながら、やっとのことで隣の谷まで逃げ、オオバコという薬草の汁で目の傷を洗った後、鬼どもに助けられて命からがら岩穴に逃げ帰ったそうな。そして、引きこもったきり出て来なくなったのじゃ。

猿鬼との最後の戦い

イメージ 傷が癒えては元の木阿弥じゃ。これじゃいかんと神様方は再び策を練られ、今度は神杉姫が十二単を着飾った美女に姿を変え、琴・三味線の調べで岩穴の外から「猿よ、猿よ」と猿鬼どもをおびき寄せられたそうな。
すると、このまばゆいばかりの美女のあまりにも美しい音色に、猿鬼は傷の痛みも忘れ、辺りを警戒しながらも鬼どもを引き連れて岩穴から出て来たのじゃ。この機を逃して後はないと、神杉姫は隠し持っておられた2尺1寸の名剣で猿鬼の首を一振りで切り落としてしまわれ、首を切られた猿鬼は延々と黒く川を濁すほどの血を流し、とうとう死んでしもうたということじゃ。
さて、主を失った鬼どもは、天地も裂けんばかりに怒り、罵り、泣き叫び、かたきを打たんと神杉姫に襲いかかろうとしたのじゃが、隠れ潜んでおられた神様方がこの鬼どもを取り囲んでことごとく討ち取ってしまわれ、以後、村人は平和に過ごしたということじゃ。

残された地名は何を物語るのか

イメージ その後、柳田村には、神様方がいよいよ猿鬼退治のために軍備を整え、集まられたところを駒寄(コマセ)、猿鬼どもと一戦交えて休まれたところを神休(転じて神和住…カミワスミ)、筒の矢の中矢にいろいろの草木から毒を取り、毒矢を作ったところを千毒(転じて千徳…セントク)、猿鬼の目に矢が当たったところを当目(トウメ)、猿鬼が目に傷をオオバコという薬草の汁で洗ったところを大箱(オオバコ)、猿鬼の首から流れた血が川を黒く濁したところを黒川(クロガワ)、その黒く濁った流れが延々と続いたというところから五十里(イカリ)として、猿鬼退治にまつわる地名が伝えられておるのじゃ。
また、神様方は悪事を働いた猿鬼どもの霊でも手厚く葬られ、この場所は鬼塚(オニヅカ)といわわれておるのじゃが、塚を荒らすと大雨が降るというので、今でも恐れて近づく人はおらんのじゃ。そして、猿鬼退治の軍を興された気多大明神は、今も岩井戸の岩穴の前にある猿鬼の宮にまつられ、岩井戸神社と呼ばれておる。

あとがき

その猿鬼というのは、大西山にいた猿の統領「善重郎」という、善良な猿の配下の荒くれ者の猿だったと言われている。
その猿は善重郎の目を盗み、近辺の民家に悪さをしていたが、ある日それが善重郎の知るところとなり、大西山を追い出されて岩井戸にやって来たものだそうだ。

☆旧柳田村ホームページ・ヤッピー村の伝説「猿鬼伝説」より(挿絵制作/当目小学校児童)

このページの先頭へ▲