トップページ > 法人概要

能登と都市との交流を生み出す米づくり

[ごあいさつ]

平素は岩井戸農産の農作物にご愛顧とご支援をいただき、ありがとうございます。
ご存じのように能登半島では人口減少と高齢化が進み、休耕田も増えています。私たちは農作業受託などを行いながら、稲作を通して地域を守り、棚田がつくるふるさとの景観を守っています。
私たちは農業を21世紀の産業と考えています。米が日本人の生命を守っていることは言うまでもありません。自然と一体となって行う農業は、山や水を守り、都市にはない豊かな生活を作ることができます。
この能登の豊かな生活を私たちは独り占めするつもりはありません。都市に住む皆様と分かち合うために、米の販売ばかりではなく、農業体験なども行い、交流を深めていきます。
自然豊かな能登と、多彩な人が集う都会とが、互いに足りないところを補い合うことがこれからは必要ではないでしょうか。
私たちは米を通して能登と都会との橋渡しをしていきます。今後ともあたたかいご支援をお願いいたします。
農事組合法人 岩井戸農産 代表理事 棚田昭男
理事長写真

[組合の概要]

〈平成22年2月現在〉

所在地 石川県鳳珠郡能登町字黒川38号37番地
名称 農事組合法人 岩井戸農産
代表者名 代表理事 棚田昭男
設立日 平成8年2月
資本金 1,000万円
認定農家 平成18年3月更新
営農類型 水稲+水稲育苗+農作業受委託+菌床椎茸
会計年度 2月から1月
粗生産額 1億5千万円
構成員 13名(うち10名労務提供)
従業員 4名 パート1名 臨時雇用延べ1200日

[経営規模]

水稲 70ha 水田枚数908枚
水稲育苗 10,000枚
農作業受託 基幹4作業 延べ37ha 乾燥調製 3,000俵:60kg
菌床椎茸 菌床ブロック数 80,000個

[経営内容]

水稲 70,000千円
  コシヒカリ28ha / 能登ひかり8ha / 白山もち10ha / ゆめみづほ18ha / みつひかり3.5ha / 春陽1.5ha
水稲育苗 7,700千円
農作業受託 5,000千円
  耕起 6ha/代かき 6ha/田植 12ha/刈取 13ha/畦塗り 8,000m
乾燥調製 7,000千円
  乾燥調製量 3,000俵:60kg
菌床椎茸 60,000千円
  生産量 60トン
施設野菜 3,000千円
  ミニトマト、小松菜ほか

このページの先頭へ▲